2010年02月17日

FX会社をレバレッジで比較

本日は、FX会社をレバレッジで比較してみたいと思います。

リバレッジは、倍率高ければいいというわけではありませんが、高い倍率が選択できると少ない資金で大きなお金を動かすことができるので、ここぞという勝負のときにレバレッジ倍率の高いFX会社を選んでおくと有利です。

しかし、初心者のうちはなるべく低いレバレッジ(最大10倍ぐらい)にして投資をするようにしてください。
さもないとあっという間に入金したお金がなくなってしまいます。

通常、1万通貨単位の取引しかできないところが多いので、USドルの場合であれば、

USドルを90円とすると

90円 × 1万通貨 = 90万円 

レバレッジ 10倍ならば、

90万円 ÷ 10 = 9万円

ということで9万円の証拠金が必要となります。

しかし、いきなり大きな金額で取引きするのは避けたい場合は、1,000通貨単位で取引できるFX会社を選択して10倍程度のレバレッジで取引をすることをお勧めします。

FX会社の取扱通貨単位については、次回比較をしてみたいと思います。

下記の表を見て、あなたの投資スタイルにあったFX会社を選択してください。

FX会社
レバレッジ
DMM25倍50倍100倍200倍     
NTTスマート
トレード
1倍2倍3倍5倍10倍20倍30倍50倍100倍
マネーパートナーズ50倍100倍       
MJ1倍5倍10倍20倍50倍100倍200倍300倍400倍
FXブロードネット1倍20倍100倍250倍400倍    
みんなのFX1倍5倍10倍20倍50倍100倍200倍300倍400倍
外為オンライン50倍100倍200倍      
外為どっとコム1倍2倍5倍10倍20倍40倍   
(外貨ネクスト)
外為どっとコム10倍20倍50倍100倍     
(FXトレード)
サイバーエージェント10倍30倍50倍100倍200倍    
FXプライム1倍〜100倍)保証金額による・ポジション保有後に変更可能)
JFX@【実際の取引の総代金】とA【実際の取引の総代金】
【取引に必要な資金】で算出【お客様からのお預り金】
 【ポジションの時価評価額】で算出
GFT最大40倍まで(固定性ではなし)
CMS FOREXメジャー通貨は100倍マイナー通貨は25倍
マネックス約1倍約5倍約50倍
145
     
タグ:レバレッジ
posted by ディトレーダーFX at 18:50| Comment(0) | FX比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。